保育士になるために専門学校に行くこと

subpage01

保育士になるためには二つの方法が有り、一つ目は指定された大学や短大、そして専門学校に通うことです。

卒業と同時に資格が与えられるようになっています。

もう一つの方法は国家資格を受験しその試験に合格することです。一般的には卒業さえすれば資格取得が出来るわけですから、保育士になるために専門学校に通う方が近道です。

ただ、ネックになるのが授業料で年間で100万円程度はかかります。しかも単年度だけでは駄目で2年間は通学をしなければいけません。



また、通うときにはその必要なカリキュラムで学ばなければならず、ただ単に卒業だけを目指せば良いわけでもありません。したがって、授業料などのハードルと強い意志が必要になるわけです。



卒業と同時に保育士資格の取得が可能な大学、短大、専門学校では、国が指定するところの卒業でなければなりません。全く関係がないところを卒業しても、無条件で資格が与えられるわけでは無いので注意が必要です。
その他にもこの資格は国家試験受験に合格することでも取得できますが、この場合では試験に必要な事柄をどこで学ぶのかという別の問題が発生してきます。



保育士だけを狙っていく場合には、専門学校への入学を目指す方が合理的ですが、学ぶときには短大や大学よりも厳しいこともあります。

それだけ専門性の高い授業を受けることとなり、学ぶ側の意欲と努力次第で就職先の確保もし易くなるでしょう。手に職を付けたい人や子供が大好きな人などにとっては、恵まれた環境になります。